金銭貸借契約の期限の利益の喪失とは

 

不動産の取引を行うとき、お金を借りるとき、その他にも契約を交わすときには、普段、聞きなれない言葉が出てきます。

不動産業者でも知っているようで知らない言葉に「期限の利益」があります。

法学部出身の人や法律関係のお仕事をされている人には馴染みがあるかもしれませんが、そうでない人は何のことやら訳が分からないと思います。

 

期限の利益

期限の利益をローンを例に説明してみようと思います。

お金を銀行から借りた人がいます。そして、2,000万円を借りて、毎月5万円の返済を35年していくとします。

つまり、2,000万円を借りても、毎月の期日までに5万円を返済していれば、一括返済しないで35年の期間の利益を与えられたということになります。

 

期限の利益の喪失

お金を借りた人が契約にしたがわないで、返済を不履行すると、期限の利益はどうなるか。

お金の貸し借りに関する契約(金銭消費貸借契約)には、原則、期限の利益を喪失することが記載されています。

お金を借りた人が返済を履行しない(返済しなかった)場合、期限の利益を喪失するので、残りの借金について回収できるということです。

なので、ローンが滞ったままで放置していると、銀行(保証会社)が残りの貸したお金(債権)を回収するため、競売の手段に移ることになります。

 

他にも契約違反をした場合、破産した場合、借り手の責めに帰すべき理由によって所在が不明になった場合、等の理由が挙げられます。

 

 

 

 

横浜(金沢区、栄区、港南区、磯子区)、逗子、鎌倉の不動産探しのことなら株式会社ライフプランまで

ファイナンシャルプランナー(FP)が相談にのります

それ以外のエリアもご相談ください
東京23区、神奈川(泉区、戸塚区、南区、中区、鶴見区、西区、神奈川区、港北区、緑区、青葉区、都筑区、瀬谷区、川崎、藤沢、横須賀)

株式会社 ライフプラン

電話 045-876-0380

http://tokyo-lifeplan.com

 

お気軽にお問い合わせください