マンションの登記簿面積は内側

 

マンションの面積が販売図面と登記簿とで異なる場合があります。

マンションが建設途中の場合、間取りが変更することがありますので、将来の内面の面積がどうなるかはまだ不明です。

なので、新築マンションでは壁芯をもとにして計算することが認められています。

 

となると、マンションの面積は、内面で測れば壁芯よりも面積が小さくなります。この小さい内面(内法)で測ったものは、登記簿上の面積になります。

 

このように基準が異なることから、面積に差が出る結果となりますが、住宅ローン控除等では登記簿上の面積と決められています。

住宅ローン控除は住宅に対して適用要件がありますので、住宅の面積が問題となります。

例えば、50㎡以上あることが条件であれば、販売図面で50㎡くらいしかない場合は、微妙ということです。

また、住宅ローンの利用についても30㎡以上でないとダメといった要件がある場合もあります。

 

都心には50㎡くらいのマンションは意外とあります。

 

 

 

横浜(金沢区、栄区、港南区、磯子区)、逗子、鎌倉の不動産探しのことなら株式会社ライフプランまで

ファイナンシャルプランナー(FP)が不動産探しをお手伝いします

それ以外のエリアもご相談ください
東京23区、神奈川(泉区、戸塚区、南区、中区、鶴見区、西区、神奈川区、港北区、緑区、青葉区、都筑区、瀬谷区、保土ヶ谷区、旭区、川崎、藤沢、横須賀)

株式会社 ライフプラン

電話 045-876-0380   FAX 045-877-1409

http://tokyo-lifeplan.com

お気軽にお問い合わせください