建築基準法の制限

建物を建てる際、様々な制限がかかります。建ぺい率や容積率といったものや高さ、日影の規制等、沢山あります。

 

土地は、まず、都市計画区域内であれば、市街化区域なのか、市街化調整区域なのか、非線引き区域なのかが記載されます。

通常、建物を建てることができるのが市街化区域内の土地です。

市街化調整区域は、市街化を抑制する区域なので、原則として建物が建てられません。

市街化区域以外の場合は、再建築できるかどうかは重要です。

 

用途地域

市街化区域には、それぞれ用途地域が定められます。

用途地域には、○○住居地域、○○商業地域、○○工業地域、といったように指定され、それぞれの地域で建築できる建物が異なります。

子供の教育環境に適している閑静な住宅街を望むのであれば、一種低層住居専用地域。

商業地域であれば、商業に適しているとちなら、ビルを建設してテナントとして貸し出すのもいいでしょう。

工業地域であれば、工場が建てることができるので、あまり住まいには適さないことが分かります。

 

一つの建物が2種類以上の用途地域にまたがることもありますが、その場合は免責の割合に応じます。

 

防火地域と準防火地域

市街地の場合、火災による被害を防ぐため、建物を耐火構造や準耐火構造にすることを求められることがあります。

 

代表的な建築基準法の制限を挙げてみましたが、これらはあくまでも一部です。

買い手サイドに立った専門家をもっと増やした方がいいと思います。