ごあいさつ

神奈川県横浜市を拠点に活動しているファイナンシャルプランナー(FP)がいる不動産会社です。

今の日本は、昭和時代と大きく様変わりし、少子高齢化、経済のグローバル化、年金の給付と負担のアンバランス、長引くデフレ、非正規雇用の固定化、といった問題によって医療制度や年金制度に大きな問題を抱えています。

一億総中流といった今までの横並びの考え方では多くの老後破綻を生むばかりです。

これからの日本では、一人一人がライフプラン(人生設計)と金融リテラシーを持ち、資産を形成していくという発想が求められるのではないでしょうか。

ファイナンシャルプランナーとは

人生では、結婚、出産、住宅取得、入学、老後といった出来事ごとに大きなお金が必要です。

個人の人生設計についてお金にスポットをあてたものをライフプランといいます。

ファイナンシャルプランナーは、個人が描くライフプランを達成するために何が必要か、投資、保険、住宅ローン、税金、相続、社会保険制度といった知識を使ってサポートする専門家です。

個人がそれぞれ自分のライフプランを立てることで、自分の置かれた経済状況や将来のリスクを把握することが可能となります。

 

資産形成に成功した人をみれば、①自分で事業を行う、②不動産投資を行う、③株式といったペーパーアセットでの運用を行う、のいずれかによる手段で資産を形成しております。

欧米では、個人がファイナンスに関するアドバイザーを持つことは一種のステータスとなっています。

確定拠出年金の対象者拡大やNISAの導入、毎年のように負担が増す社会保障制度に目を向ければ、個人に資産運用のスキルが求められているのがお分かりだと思います。

弊社では、ファイナンシャルプランナーだけでなく、年金の専門家である社会保険労務士とも提携しているので、住宅購入後もライフプラン相談ができます。

ライフプランとキャッシュフロー

お金の流れをキャッシュフローと言いますが、ファイナンシャルプランにおいてはこの将来のキャッシュフローがとても大切です。

ライフプランを立て、現状と問題点を把握することで、改善に向けて何をすればいいかが明確になります。

ただし、多くの場合はライフプラン通りに行くとは限りません。

思い通りに行かないのにライフプランを作った方がいいのと問われれば、作った方がいいというのが我々の意見です。

何故なら計画を立て、それに向かって実行するとしないとでは将来に大きな差が出ることは実証されているからです。また、たくさんの住宅ローンで破産する人を見てきて唯一の予防策だと思うからです。

会社に事業計画、介護に支援計画、個人にライフプランがありますが、計画を立てることで何をしなければいけないのかが見えてくるのではないでしょうか。

ライフプランは、30年、40年といった長期的な計画です。

弊社は、生涯にわたってお付き合いして頂けるような企業を目指します。

横浜、湘南、横須賀の不動産探しはライフプランに

 

独立以来、ライフプラン相談を中心に様々な相談を受けてきました。

中でも、「不動産の購入について」、「住宅ローンについて」、「不動産投資」についての相談を特に多く受けました。

 

大学時に不動産会社で賃貸を経験したことが縁で、大学卒業後に住宅ローンで破産した人を相手にする不動産会社に入社しました。

その会社ではたくさんのローン破産者を見てきましたが、共通するのはどの人も「ローン」が原因です。

提案されるがまま住宅ローンを組んだ結果、住宅ローンの返済が負担となって、マイホームを手放す人が後を絶ちません。

当社では、ライフプラン相談を中心に、住宅ローン相談、不動産投資相談にも対応しています。