不動産を購入する目的と動機

 

宅建業者には、重要な事項についてお客さんに説明する義務があります。

いわゆる重要事項説明です。

国道交通省は、「宅建業法第35条に列挙された事項にかかわらず、購入意思の決定に影響を与える事項は、必ず説明しなければならない」といっていますので、宅建業者は法律にとらわれないでお客さんの目的と動機にそった物件を紹介、説明することが必要になるわけです。

 

過去の判例でも、媒介業者は購入者の目的と動機に反しないように調査・説明する義務があるとして宅建業者の債務不履行責任を認定した例があります。

 

不動産業者の中には、あまり情報を開示してくれないお客さんを最初から相手にしない業者もあります。

不動産業者がお客さんに不動産を探す目的と動機を聞くのは、お客さんのリスクを回避すして、お客さんが不動産を購入する目的と動機と反する結果を避けるためでもあるのです。

お客さんは、自分の希望と夢を語れば不動産サイドで目的と動機をくみ取ってくれると思います。

 

 

 

横浜(金沢区、栄区、港南区、磯子区)、逗子、鎌倉の不動産探しのことなら株式会社ライフプランまで

ファイナンシャルプランナー(FP)が不動産探しをお手伝いします

それ以外のエリアもご相談ください
東京23区、神奈川(泉区、戸塚区、南区、中区、鶴見区、西区、神奈川区、港北区、緑区、青葉区、都筑区、瀬谷区、保土ヶ谷区、旭区、川崎、藤沢、横須賀)

株式会社 ライフプラン

電話 045-876-0380   FAX 045-877-1409

http://tokyo-lifeplan.com

お気軽にお問い合わせください