かつて製塩は金沢の主要な産業だった

 

六浦と鎌倉を結ぶ道は、六浦で作られた塩を商人が運んだことから、塩の道とも呼ばれたそうです。

 

「頼朝が幕府を開くと、鎌倉の人口は急増する。当然、生活に欠かせない塩の需要は高まり、金沢の製塩は地の利を生かして主要な産業となった。

金沢の入海に面した釜利谷、洲崎、町屋、六浦、野島など金沢のほとんどの村に塩焼場があり、金沢を描いた絵図には何度も登場する。六浦には「塩場」の地名が今も使われている。(ぶらり金沢散歩道 歴史・伝説・民話を歩く  楠山永雄著)」

 

塩の商人は、朝比奈切通しを通って鎌倉に塩を運んでいました。

鎌倉への途中に地蔵があり、鎌倉での商売を祈願して地蔵に塩をお供えしたそうです。

商人が鎌倉で商いを終えて帰る途中、塩をお供えした地蔵を見ると、塩が無くなっているので地蔵が塩をなめてしまうのではないかという話が伝わり、その地蔵は「塩なめ地蔵」と呼ばれるようになったそうです。

 

 

横浜(金沢区、栄区、港南区、磯子区)、逗子、鎌倉の不動産探しのことなら株式会社ライフプランまで

ファイナンシャルプランナー(FP)が不動産探しをお手伝いします

それ以外のエリアもご相談ください
東京23区、神奈川(泉区、戸塚区、南区、中区、鶴見区、西区、神奈川区、港北区、緑区、青葉区、都筑区、瀬谷区、保土ヶ谷区、旭区、川崎、藤沢、横須賀)

株式会社 ライフプラン

電話 045-876-0380   FAX 045-877-1409

http://tokyo-lifeplan.com

お気軽にお問い合わせください